大人しいと言われるのが嫌だ〜積極的な性格になれる会話術

 

すごい大人しい人だよね・・・

 

確かにその通りのことなんですけど、

 

その言葉ってすごく言われるのが嫌で。

 

 

反対に面白いような人は

 

「すごく明るい人だよね」なんて言われるので、

 

大人しい=暗いような感じで捉えてしまって、

 

余計に大人しいと言われることに抵抗がありました。

 

 

大人しい人はクールとか落ち着いているとか、良いイメージもあるようですが、

 

当人からすると悪いことばかり考えてしまうものなんですよね。

 

 

大人しいと言われるのが嫌だったので、

 

何とかその性格を変えたいとずっと思っていたんですが、

 

願い続ければ叶うもんなんですね。

 

 

今では「明るい人」と言われることが多くなりました。

 

「大人しい」なんてことは、全然言われていませんね。

 

 

では、どうやって大人しい性格を改善することができたのか・・・

 

それは話上手になって積極的になれる!

 

そんな方法をマスターしたからなんです。

 

こちらの方法なんですが。

 

 話上手で積極的になれる会話術の詳細はこちら

 

 

それからというもの、いろいろな人と打ち解けることができるようになって、

 

話もだいぶ上手くなってきたようで、相手を笑わせたり、

 

その場を盛り上げるような話ができるようになったこともあって、

 

明るい人になることができたんです。

 

 

難しい会話術でもありませんし、

 

学んでいくうちに自然と楽しい会話ができるようになってますね。

 

大人しいと言われることが苦痛にしか感じないような人には、

 

知っておいてもらいたい方法です。

 

 

 

 

 

管理人のひとり言

 

よく性格は顔に出るなんて言われますよね。

 

顔で性格を判断されたらたまったもんじゃないという人もいるかと思いますが。

 

見るからに怖そうな人なのに、

 

話してみたらすごく優しい良い人だったとか、

 

いつも笑顔でいるんだけど、人を騙すような詐欺師だったなんてこともありますから。

 

そうは言っても、やっぱり顔に出ることは確かなんですよね。

 

当たり前ですけど、楽しいことや嬉しいことがあると笑顔になりますよね。

 

反対に辛いことや泣きたくなるようなことがあったら悲しい顔になりますよね。

 

顔って感情を素直に表してしまうんです。

 

ですから、暗い顔をしていれば、

 

そういう人なんだなって周りにも思われてしまいますし、

 

いつも暗い表情の人と一緒にいても楽しくはありませんよね。

 

この人と仲良くなりたいなんてことも、相手は思ってくれないと思います。

 

それなら、笑顔でいた方がよくありませんか?

 

強面だからって諦めてはいけませんよ。

 

常に口角を上げるように意識していれば、優しい顔になっていくはずです。

 

 

人に好かれる会話術【男女兼用】

 

 

 

 関連ページ

 


このページの先頭へ戻る