無口で会話が苦手〜会話が弾んで交友関係が広がる方法

 

無口というと、全然喋らない人のことですけど

 

いろいろなタイプがいるんですよね。

 

  • 話をしたいんだけど、上手く話せずに無口になってしまう人
  •  

  • 全く人と関わりたくなくて、何も話さず無口な人
  •  

  • 相手のことがキライで、話もしたくなくわざと無口になっている人

 

一口に無口と言っても、いろいろいますね。

 

人との関わりを持ちたくないような人は

 

あえて話が上手くなりたいなんて思わないでしょうし

 

相手がキライで話をしない人の場合は

 

恐らく他の人となら普通に話ができると思いますし

 

無口を改善したいなんて考えもないのではないでしょうか。

 

 

こちらをご覧になっているということは、

 

あなたは話したくても上手く話せないタイプの無口さんですね。

 

自分の欲求が満たされないのって、非常に辛いことですね。

 

こうしたい

 

あれが欲しい

 

と思っていても、上手くいかないと

 

欲求不満になってイライラしてしまうものです。

 

気分も悪くなるし、何か物に八つ当たりしたり

 

冷静な対応ができなくなってしまうこともあります。

 

 

話をしたいけど、話すことができない

 

ということが続くと、まさに欲求不満な状態になってしまって

 

自己嫌悪に陥ってしまうものです。

 

 

やっぱり、私はダメな人間だな

 

こんな奴と話なんてしたい人はいないよ

 

そんな自己否定をすればするほど

 

余計に会話に対しての苦手意識が強くなって、さらに無口になってしまいます。

 

 

話す内容が全然浮かばないから会話が成り立たない・・・

 

私も経験がありますが、本当にその時間が苦痛に感じるんですよね。

 

そうすると、周りがすごく楽しそうに見えてしまって

 

自分だけ取り残されているような感覚になって

 

俺ってダメな男だな

 

何でこんなに話はできないんだろう

 

悪いことばかり考えてしまっていました。

 

 

でも、ちょっとした会話テクニックさえ理解したことで、

 

面白いように会話が弾むようになりました。

 

今までは話す内容が分からずにいましたけど

 

どんな話をすれば良いのか分かったことで、話題に困ることもなくなりました。

 

 

それからというもの交友関係もすごく広くなりましたし

 

無口な自分はどこかに行ってしまいましたよ。

 

無口な自分とさよならできたのは、この会話術のおかげです。

 

 無口を改善することのできた会話術の詳細はこちら

 

 

人に好かれる会話術【男女兼用】

 

 

 

 関連ページ

 


このページの先頭へ戻る