暗い性格変えたい〜無理せずできる性格改善方法

 

明るい性格の人と暗い性格の人では

 

どちらの方が印象が良いでしょうか?

 

答えは明白ですね。

 

 

明るい方が良い印象を持たれます。

 

残念ながら暗い性格の人は周りから良い印象を持たれていません。

 

 

明るくても能天気で騒いでいいるような人は、

 

その場の雰囲気を壊してしまうこともありますが、

 

暗い人も同じように、ノリが悪くて、雰囲気を壊してしまうことも多いんです。

 

 

でも、暗い性格が絶対に悪いということでもありません。

 

悪く言うと「暗い人は気持ち悪い」という考えもありますが、

 

暗い人は落ち着いている」という良い捉え方もあるんです。

 

かと言って、全く話をしないような暗い人となると、ちょっと問題ですね。

 

 

ベラベラと話はしなくても、ボソッとした一言でも

 

面白いことを言うだけで、意外と面白い奴だねという感じで

 

周りからの印象は一気に変わっていくものです。

 

 

でも、無理して面白い事を言おうとしても、

 

上手くいかずに余計に周りからの印象が

 

悪くなってしまうこともありますので、注意が必要です。

 

その辺の境は、難しいところですけど。

 

 

では、どうすれば口数は少なくても、面白いことを言えるようになるのか?

 

それは、この会話術をマスターすることが手っ取り早い方法です。

 

 暗い性格を変えることのできる性格改善法の詳細はこちら

 

 

私も以前は、暗い奴なんて言われたこともありますが、

 

あっという間に明るいひょうきん者になってしまったんです。

 

 

誰とでも上手くやっていけるようになりましたし、

 

自分が言った一言で周りの人を笑わせることも、度々あります。

 

 

私のことを「暗い奴」とバカにしていた人とも、

 

あっという間に関係が改善されて仲良くなってしまいました。

 

 

 

 

 

管理人のひとり言

 

ネガティブな考えを持っている人って、

 

どうしても悪い方悪い方へと考えてしまうものですよね。

 

憂鬱でドヨ〜ンとした雰囲気でいると、それが表情に出てしまいますし、

 

周りにも暗い人っていう印象を与えてしまうものです。

 

ちょっと自分のことが嫌になると、性格はもちろん容姿も嫌になるし、

 

自分が嫌いで嫌いでたまらなくなります。

 

ここで、こんな性格じゃダメだ!自分を変えたい!

 

と思う人もたくさんいると思いますけど、

 

その時に必要なことは、今やるべきことを一生懸命にやることなんですね。

 

でも、私はネガティブな考えばかりで、

 

どうして良いか・・・と思うと思いますけど、

 

変わりたいと思ってる時点で、ポジティブなことを考えているんですよね。

 

ネガティブなことしか考えられないということではないんです。

 

ちょっとでも前向きことを考えられれば、後は変わるコツを知れば良いだけです。

 

今できることを懸命にやっていれば、いつの間にか変わってる自分に気付くようになりますよ。

 

 

人に好かれる会話術【男女兼用】

 

 

 

 関連ページ

 


このページの先頭へ戻る