ひとりぼっちを克服〜人間関係を良好にする方法

 

学校では友達もいないから、いつもひとりぼっちでいる・・・

 

友達がいたけど裏切られたので、結局友達ではなかった・・・

 

職場と家の往復だけで、誰かと遊ぶこともない・・・

 

趣味もないから、仲間もいない・・・

 

とても寂しい人生ですね。

 

 

一人きりの方が気楽だし、一人でのんびりしているのが好き

 

という人にとっては、問題はないことかもしれませんが、

 

本当は友達も欲しいし、いろいろ話もしたいし、

 

みんなで遊びたいと思っている人にとっては、本当に辛いことではないでしょうか。

 

 

しかも、もし自分に何か災難なことがあった時には、助けてくれるのは、やはり友達ですよね。

 

全く知らない人が助けてくれることなんてありません。

 

まれに、女神のような人はいるかもしれませんけど。

 

 

ひとりぼっちだと勉強に集中できて成績があがったり、

 

仕事に打ち込めたり、誰にも気を遣う必要がないとか

 

良いこともあるんですが、あなたはそれを望んでいませんよね。

 

 

他にも、恋人がいなければデートすることもないし

 

イベントごとでプレゼントを買うこともないから

 

お金も使わない

 

なんてメリットもあるんですけどね。

 

 

私もひとりぼっち歴は長かったので

 

なるべく、メリットのことを考えるようにしてたこともありますけど

 

それも、毎年そんなのだと、寂しくて仕方がなくなります。

 

 

あなたは、そんな寂しいメリットはどうでもいい

 

ひとりぼっちを克服して、友達が欲しい、恋人が欲しい

 

と思っているんですよね。

 

 

ただ、再度伝えておきますけど、ひとりぼっちは悪いことではありません。

 

たまたま、今、気の合う人と出会っていないだけで、

 

あなたがあなた自身でいられる場所が必ずありますから。

 

 

そうは言っても、やっぱりひとりぼっちは寂しい

 

私もずっとひとりぼっちだったので、気持ちは分かります。

 

小学生の頃にイジメにあって人付き合いが下手になり、

 

少ないながらもいた友達に簡単に裏切られたり、散々な目に遭ってきましたので。

 

 

「気の合う人と出会っていないだけ」

 

ということをを言われても

 

「それじゃ、いつ出会うんだ?」

 

と思ってみたり

 

 

「自分が夢中になれるものを見つけて」

 

ということをを言われても

 

「全くの無趣味なもので、何にも夢中になれない」

 

状況だったり。

 

人一倍、ひとりぼっち克服への思いは強かったと思います。

 

 

そんな私ですが、今ではひとりぼっちではなくなりました、

 

友達もできましたし、交友関係も広くなりました。

 

彼女もできました。

 

 

人間関係を良好にするためのノウハウを学んで実践したところ、

 

予想以上に上手くいくようになっています。

 

周りの人も「すごく明るくなったね」なんて驚いてくれていますが、

 

本人が一番ビックリしているかもしれません。

 

ひとりぼっちの寂しさを存分に味わってきたからこそ、

 

今の人間関係をすごく大切に思えます。

 

 

私がひとりぼっちを克服できたのは、このノウハウのおかげです。

 

寂しい思いをしているなら、確認だけでもしてみてください。

 

 人間関係を良好にする方法の詳細はこちら

 

 

人に好かれる会話術【男女兼用】

 

 

 

 関連ページ

 

 


このページの先頭へ戻る